土地を持っているものの活用法がわからずそのまま放置してあったり、また新しい家に住むことになったけれど今ある土地はどう活用すればよいかなど、土地をどうすればよいか悩んでいる人は少なからずいるでしょう。そのまま持っているだけでも土地には固定資産税などの税金がかかってきます。思い切って売却をするのも1つの手ですが、何らかの形で活用しながら所有することでより有益になる場合もあります。一口に土地活用といっても、土地の形や面積、行政的な事情、または地域によっても活用方法は変わってきますが、活用方法やメリットを知っておくと選択肢は広がります。場所柄、価値がないのではと思っていても調べてみると意外な活用法が見つかるかも知れません。土地を有効に活用する方法やメリットはどのようなものがあるでしょうか。

土地活用の例や特徴は色々あります

土地の活用例として最もポピュラーなものが、アパートやマンション経営です。更地の上に建物を建て、入居者を募って家賃収入を得ます。最近では一戸建てを購入するよりも賃貸住宅でもよいと考える人も多く、需要が見込める活用方法の1つです。アパートなどの集合住宅にせず、戸建てを建ててそれを賃貸するケースもあります。その他、駐車場経営やトランクルームを経営したり、土地そのものを賃貸する方法もあります。また、自宅用として住宅を建てつつも、その一部を賃貸として活用する賃貸併用住宅も増えてきています。この方法は住宅ローンを使うことができるため低金利で資金を調達することができ、かつ入居者から得られる家賃をローンの返済に充てることができるため、自己負担も減らすことができるメリットがあります。

収益を生み出し、さらに節税効果も

上述の活用方法の最大のメリットは、その土地から収益を生み出せる状態になることです。もちろん賃貸住宅の経営の場合など、確実に入居者を確保し続けながらかつ継続して家賃を回収する努力が必要になってきます。しかし、一定の入居者がつくようになり経営が落ち着いてくると継続した安定収入を得られる可能性があります。この収入は私的年金にもなり、老後など将来的な生活設計の目途も立てやすくなります。さらに、賃貸住宅を新築して土地を活用する場合、固定資産税や都市計画税を節税できるというメリットもあります。相続税についても更地での相続よりも賃貸住宅を建てて相続した場合の方が税制上の優遇措置を受けることができます。活用の仕方次第では、収益を生み出しつつも節税することも可能なのです。